どうやったら入室できる?空港ラウンジの種類と利用方法

どうやったら入室できる?空港ラウンジの種類と利用方法

空港に早く着きすぎてしまった時や時間が余った時に使えると嬉しいのがラウンジです。特定の条件を満たした人だけが利用できるというプレミアム感と相まって、ラウンジという非日常的な空間でもてなされるひと時に魅了される方も多いようです。

一口にラウンジと言っても、誰でも利用できる手軽なものから豪華で居心地の良い特別なものまで様々。私のように「飛行機に乗るのも楽しみだけど、ラウンジに行くのが楽しみ!」となってしまう方もきっと多いはず(笑)。

そんなラウンジの種類と利用方法について簡単にまとめてみました。

”良い”ラウンジを利用したら病みつきになること間違いなしです。きっと旅の楽しみの一つになりますよ!

カードラウンジ

最も手軽に入れるラウンジが「カードラウンジ」です。

POINT

  • 基本的なサービス内容はフリードリンクとおつまみ、新聞や雑誌くらいと多くはない
  • どの航空会社の便に乗る人も合同で利用する

飲食に関してはソフトドリンクとおつまみ程度の提供で、基本的にアルコールや食事はついていません

例外的に、羽田空港国内線のカードラウンジでは早朝に利用すればパンやベーグルが提供されたり、成田空港のIASSラウンジや名古屋セントレア空港のラウンジではビールが飲めたりします。

欠点としてはこんな特徴もあります。

POINT

  • 利用にあたっての敷居が低く、航空会社ごとに別れてないので比較的混みやすい
  • 制限エリアよりも手前にあることが多く、出発までのんびりできないことが多い

空港によっては手荷物検査後の制限エリア内に、かなり広いラウンジが用意されているケースもあります。羽田空港のPOWER LOUNGEなどは一度利用してみる価値はあるでしょう。

カードラウンジの利用方法は大きく分けて2種類あります。

利用方法①お金を払う

1回1,000円くらいの利用料金で、基本的には誰でも利用することができます。が、コスパを考えるとお金を払ってまで入室するのはちょっと微妙です。ソフトドリンクとおつまみ程度で1,000円はちょっと高いですよね…。

むしろ空港のカフェでは食事もでき、トータルで1,000円以内に十分収まるケースもありますので、人によってはそちらのほうがリーズナブルでくつろげるかもしれません。

利用方法②提携クレジットカードを提示する

ゴールドカード以上のクレジットカード(一部提携してないものもあります)を持っている方は、航空券と一緒に提示すると無料で入ることができます。無料で入れるのであれば是非活用したいところですね。

目安として年会費1万円以上のゴールドカードはほぼ全国のカードラウンジに対応していますが、年会費数千円の格安ゴールドカードは利用できるラウンジが限られているので注意が必要です。

カードブランドはVISAやMasterCardなど色々ありますが、その中でもアメックス系のクレジットカードを持っている方は同行者一人を一緒に連れて行けることも多いので、対象カードを持ってない同行者と旅行するときには良いでしょう。ただし、年会費無料のクレジットカードは利用対象外です。

航空会社のラウンジ

カードラウンジでも普通の旅行に+αの要素は期待できるケースはあります。が、それ以上のクオリティと楽しみが期待できるのが航空会社のラウンジです。カードラウンジにはない、様々な特典が追加されています。

POINT

  • カードラウンジに比べ、内装も豪華で広いことが多い
  • ビールなどのアルコールが提供されている
  • 国際線ではビュッフェ形式の食事日本酒・ワインなども提供されている
  • シャワールームも利用することができる

飛行機の時間帯やラウンジの場所にもよりますが、カードラウンジに比べると比較的空いていることが多いです。サービス内容や居心地の良さはカードラウンジに比べると格段にUPします。

こんな感じで飲み物や料理が提供されていたり…

ゆったりとした空間で出発までくつろげたり…

海外のラウンジを巡るのも楽しみの一つです。

利用方法①グレードの高い座席を利用する

航空会社のラウンジはものすご~く簡単に言うと、「航空会社にたくさんお金を払ってくれる方」向けに提供されています。したがって基本的にはプレミアムエコノミービジネスファーストクラスなどグレードの高い座席を利用する方が利用対象となります。

普通に購入すると高いですが、セールが行われている時期だとプレミアムエコノミーやビジネスクラスが10万円前後で購入できることもあります。もちろん、マイルで発券したビジネスクラスやファーストクラスでも利用可能です。

特に、ファーストクラス利用時には最上級のもてなしが受けられるラウンジの利用が可能です。(ANA SUITE LOUNGEやJALファーストクラスラウンジ等)

利用方法②航空会社の上級会員になる


ANA公式HPより引用

同様に、頻繁に航空会社を利用する上級会員も「航空会社にたくさんお金を払ってくれる方」であり、利用が可能です。

また、非常に頻繁に航空会社を利用する最上級会員(ダイヤモンド会員等)であれば、最上級のもてなしが受けられるラウンジが利用できます。(ANA SUITE LOUNGEやJALファーストクラスラウンジ等)

上級会員であれば、例えエコノミークラス利用時でもラウンジを利用することができます。ただ、上級会員の資格は通常、前年1年間に搭乗した実績に応じて付与されますので、基本的には1年限りです。毎年出張などで頻繁に飛行機に乗る方であれば問題ないかと思いますが、普通の方が維持するのはなかなか難しいでしょう。

ところが、特殊な抜け道が存在します。それが下記に示す「利用方法③」です。

利用方法③特殊なクレジットカードを作成する

こちらは全世界中、日本でのみ行われている制度のようです。

飛行機にたくさん乗ると、ANAではスーパーフライヤーズカード(SFC)、JALではJALグローバルクラブ(JGC)カードというクレジットカードを作成することができます。

これらのカードは年会費がかかりますが、所持している限り一生上級会員の待遇が受けられます。

POINT

  • ANAでプラチナステータスを獲得するとSFCを作成できる
  • スターアライアンス・ゴールド」の資格が維持でき、他のスターアライアンス便利用時も上級会員として扱われる
  • マイルとは別に加算される「プレミアムポイント(pp)」を年間50,00ポイント貯める

POINT

  • JALでサファイアステータスを獲得するとJGCカードを作成できる
  • ワンワールド・サファイヤ」の資格が維持でき、他のワンワールド便利用時も上級会員として扱われる
  • マイルとは別に加算される「フライオンポイント(FOP)」を年間50,000ポイント貯めるか、年間50回(うちJALグループ便25回)以上搭乗かつ15,000FOP以上貯める

また、スターアライアンスやワンワールドと肩を並べるもう一つの航空連合として「スカイチーム」があります。日本の航空会社は加盟していませんが、デルタ航空やエールフランス、チャイナエアラインなど数々の航空会社が日本に就航しています。

実は、一度も飛行機に乗らずに「スカイチーム」の上級会員になれる方法が存在します。それは「デルタスカイマイル アメックスゴールドカード」を作成することです。


アメリカン・エキスプレス公式HPより

POINT

  • デルタスカイマイル アメックスゴールドカードを作成すると入会から1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「ゴールドメダリオン」が得られる
  • 同時に「スカイチーム・エリートプラス」の資格が得られ、他のスカイチーム便利用時にも上級会員として扱われる
  • 年間150万円以上の利用で、次年度も資格が維持できる

このカードは年会費が26,000円(税別)とやや高額ですが、スカイチームの航空券やツアーは比較的割安なことが多いです。スカイチーム便をよく利用される方は検討してみてはいかがでしょうか。

利用方法④プライオリティ・パスを利用する

ラウンジを利用するための専用カードとして「プライオリティ・パス」があります。一部の航空会社ラウンジはプライオリティ・パスと提携しており、このカードを所持していれば入室できることがあります。

プライオリティ・パスについては以下の記事にてまとめています。

ちょっと特殊な航空会社ラウンジ利用方法

上でご紹介した方法は国内はもちろん、海外の色んな航空会社ラウンジが利用できます。しかし一部のラウンジに限定したり、他の方の力を借りれば方法はまだあるんです。

その①ラウンジ利用券を手に入れる


ANA公式HPより

ANA便およびJAL便では、利用券を持っていればラウンジに入ることができます。

POINT

  • ANA便利用の際、「ANAスイートラウンジ利用券」があれば最上級のANA SUITE LOUNGEに入室できる
  • この券は「ダイヤモンド会員」、もしくはそれに準ずるレベルののステータスでなければ手に入らない

POINT

  • JAL便利用の際、「JAL ラウンジクーポン」があればサクララウンジに入室できる
  • JALラウンジクーポンは、上級会員であれば1枚あたり1,000~2,000マイルで交換できる

ご覧のように、通常は上級会員ステータスを持ってなければいずれも手に入れることができません。しかし嬉しいことに、「ヤクオク!」や「メルカリ」で検索すると普通に手に入れることができます。(笑)

大体、1枚あたり5,000~7,000円前後が相場のようです。ある意味、一番手軽に航空会社ラウンジが利用できる方法です。

金額に見合うサービスが受けられるかどうかはその人の価値観にもよりますが、特にANA SUITE LOUNGEファーストクラス向けのラウンジですので、極上のサービスが受けられます。特別な旅行の時などに利用してみるのはアリかも知れませんね。

その②ステータス持ちの人に同行してもらう

いわゆる上級会員の人は同行者1名をラウンジに同伴することができます。もし一緒に旅行する友人・家族がいた場合、相手が上級会員ステータスを持っていれば一緒にラウンジに入室することができます。

特に同行者が「ANAダイヤモンド会員」やJALの「JMBダイヤモンド会員」「JGCプレミア会員」の場合は最上級クラスのラウンジを利用することができますので、是が非でも連れて行ってもらいましょう。(笑)

もし周りで頻繁に旅行に行っている友人や家族がいたら、お願いして一緒に旅行してみるのも良いかも知れませんね。

その③アップグレードポイント、マイルを使ってもらう

こちらはANA限定の方法です。ANAの上級会員は前年の搭乗実績に応じて「アップグレードポイント」というものがもらえます。国内線は2ポイント、国際線は3ポイント消費することで、ANAラウンジに同行者を入室させることができます。

また、国内線は2,000マイル、国際線は4,000マイル消費することで、ANAラウンジに同行者を入室させることができます。マイルが有り余っているステータス持ちの友人や家族がいたらお願いしてみましょう。

最後に

ラウンジにも色んな種類があり、また国によってもサービスが違ったりします。

居心地が良く料理やお酒も美味しい、そんなラウンジに巡り会えると旅行の楽しさは格段にUPします。

利用方法は色々ありますので、是非、様々な国のラウンジを巡ってみて下さい。

きっとまた、次の旅に出たくなりますよ!