SFC会員や上級会員には凶報?ANAの入札システム「Bid My Price」

SFC会員や上級会員には凶報?ANAの入札システム「Bid My Price」

今年の4月より、ANAが新しい取り組みを始めました。その名は「Bid My Price」。

ものすご~く簡単に言うと、国際線エコノミークラス購入者を対象としたプレミアムエコノミークラスのアップグレード入札です。

元々、ヨーロッパを中心とした海外の航空会社ではプレミアムエコノミーやビジネスクラスの直前入札が行われていましたが、最近になって日本でもANAが取り入れたのです。

その特徴やメリット・デメリットについて考察してみました。

Bid My Priceとは

公式サイトをかいつまんで要約すると、こんな感じです。

POINT

  • エコノミークラス購入者が対象の、プレミアムエコノミーへのアップグレード入札
  • 出発の7日前に案内メールが届く。入札の最終締め切りは出発3日前(72時間前)
  • 入札額が高い人からアップグレードされる
  • 入札額が同じ場合、航空券の予約クラス会員ランクが高い人、入札実行日時の早い人がアップグレードされる
  • 特典航空券を利用時は参加できない

通常、プレミアムエコノミーは予約時に専用運賃を選択し、支払いを行います。

これに対し「Bid My Price」は通常のエコノミークラスを予約していても出発前に空きがあった場合、入札形式で追加料金を募り、高い人からアップグレードするというものです。

プレミアムエコノミーは、通常のエコノミークラスと比べて以下のような違いがあります。

POINT

  • プレミアムエコノミー専用カウンターでチェックインを行うことができる
  • 優先手荷物タグが取り付けられ、到着後に預け荷物が早く出てくる
  • 航空会社ラウンジが利用できる
  • 座席シートが広く、フットレストなどもある
  • 機内食やドリンクサービスが少しだけ豪華
  • 運賃種別に関わらずマイル積算率は100%

いろんなメリットがある分、値段も通常のエコノミークラスと比べると高くなります。

場合によっては倍以上、差があるケースも珍しくはありません。

この制度の導入により、立場ごとのメリットとデメリットが生じます。

ステイタスのない一般会員にとって

メリット

  • 該当の便に搭乗する人が少ない場合、わずかな追加料金でアップグレードできる可能性
  • 入札する人が少ない場合、わずかな追加料金でアップグレードできる可能性
  • 入札金額の高い人が少ない場合、わずかな追加料金でアップグレードできる可能性

元々購入していたエコノミー席+追加料金が、プレミアムエコノミーの正規の値段よりも安ければラッキーですね。

通常のエコノミークラスに比べ、様々なサービスが追加されていますので、特にスタイテスを持ってない一般会員の方にとっては、プレミアムエコノミーのサービスは大いに満足できるのではないでしょうか。

上級会員にとって

デメリット

  • 空席があっても上級会員が無料でアップグレードできる可能性が低くなる

スーパーフライヤーズカード(SFC)会員のメリットの一つとして、国際線利用時、エコノミークラス利用時でも空きがあれば無料でプレミアムエコノミーへアップグレードできるというものがあります。

 みぞとりっぷ 
みぞとりっぷ
https://mizotrip.com/2018/08/06/sfc/
– マイルと修行と海外旅行 –

こちらはプラチナ会員ダイヤモンド会員といった、上級会員も同様です。

ただ実際には、有償で乗る人が多い場合など、元々の空きが少なければ無料アップグレードの可能性は低くなり、人気路線では難しいことも多いです。

入札する人も加わるとなると、無料アップグレードの可能性はさらに低くなってしまいます。

また、上級会員であれば空港での優先チェックイン、預け荷物の優先、ラウンジ利用など、プレミアムエコノミーでなくともサービスを受けることができますので、わざわざお金を払ってアップグレードするメリットをあまり感じられないかも知れません。

SFC修行を行う方は要注意

POINT

  • SFC修行を行う際、1年間で50,000pp(プレミアムポイント)達成する必要がある
  • 通常、プレミアムエコノミーを購入したらマイル積算率は100%
  • アップグレードが適用された場合、マイル積算率は元々購入した航空券に適用されている積算率となる

マイル積算率はppにもダイレクトに反映されます

ANAカードゴールドを持っている一般会員(ステイタスなし)が東京 – クアラルンプールを片道移動した場合を想定してみましょう。

  • 予めプレミアムエコノミーを予約した場合、予約クラスはEのためマイル積算率は100%
  • 獲得できるプレミアムポイントは5,407pp

  • 元々安いエコノミーで予約し、予約クラスがSだった場合のマイル積算率は50%
  • 入札に成功しプレミアムエコノミーにアップグレードできても、マイル積算率は50%
  • 獲得できるプレミアムポイントは2,503pp

あくまで座席と付帯サービスをアップグレードされるだけですので、SFC修行を行う人にとってはメリットは無いに等しいです。

アップグレードされても、元々の低いマイル積算率が100%になることはありませんので要注意です。

対象エリアが拡大

従来の対象エリアに加え、東南アジアのシンガポール、マレーシア、タイ路線が追加になったようです。

現在、「Bid My Price」の対象は日本発着の下記路線です。

アメリカ(ハワイ含む)、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、タイ

逆に言うと、ミャンマー、カンボジア、インドネシア、インドなどはまだ対象外です。

SFC会員や上級会員特典の無料アップグレードを期待するのであれば、若干可能性があるかも知れません。

最後に

ANAがこの入札システムを導入したのは収益向上が目的のようです。

購入を希望する一般会員の方にとってはメリットとなるケースがありそうですが、SFC会員ほか上級会員にとっては改悪とも取れる側面があります。

対象路線は更に拡大する可能性が高いので、無料アップグレードを体験してみたい方は少しでも急いだほうが良いのかも知れません。

海外ではビジネスクラスへのアップグレード入札も実施されていますので、今後ANAがこれに追随する可能性もありそうです。