実質往復5万円台!?東南アジア行きビジネスクラスに格安で乗る方法

実質往復5万円台!?東南アジア行きビジネスクラスに格安で乗る方法

マイルの最もお得な使い方として、特典航空券に替えることが挙げられます。

ANAやJALなど国内のマイルも十分お得ですが、海外へ目を向けると信じられないほどお得なマイルの使い方があったりします。

今回ご紹介するのは、何と約5万円で東南アジア行きのビジネスクラス乗れるという裏ワザ。しかもうまく使えば、実質的に往復この値段で乗れちゃうんです。

運とタイミングの要素も絡みますが、かなりお得なことは間違いありません。

早速見ていきましょう。

アラスカ航空マイレージプログラムについて

この裏ワザが使えるのは、アラスカ航空というアメリカの航空会社のマイレージプログラム。

スターアライアンスやワンワールドといった世界3大アライアンスには加盟していませんが、独自に提携航空会社を設定しています。

エアリンガス、アメリカン航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、キャセイパシフィック航空、コンドル航空、エミレーツ航空、フィジー航空、フィンエアー、海南航空、アイスランド航空、JAL、大韓航空、ラタム航空、ペンエーア、カンタス航空、レイヴンアラスカ、シンガポール航空

ものすご~く簡単に言うと、東南アジア行きのJALビジネスクラス特典航空券25,000マイルで替えることができます。

アラスカ航空のマイルは直接購入することもでき、セール時期には1マイル≒2円ほどで購入できるので、約5万円でビジネスクラスに乗ることができます。

尚、普通に発券した場合は片道25,000マイル=往復50,000マイルかかってしまいますが、海外発券の形にすると、実質の往復が25,000マイルで取れちゃうんです。

ちなみにレギュラーシーズンにビジネスクラスで東南アジアに行く場合、ANAマイルだと往復で60,000マイル、JALだと往復で80,000マイル必要です。

比べてみると、圧倒的に少ないマイルで発券できるのがわかります。

往復25,000マイルの仕組み

日本を含む、アジア – アジア間の特典航空券に必要なマイル数と発券ルールです。

POINT

  • エコノミークラスの必要マイル数は片道15,000マイル
  • ビジネスクラスの必要マイル数は片道25,000マイル
  • 同じアジア圏内であればストップオーバー(途中降機)可能。最長1年間まで
  • 同一の航空会社でなければストップオーバーできない
  • ストップオーバーしても必要マイル数は変わらない

例えば「東京 → シンガポール」をビジネスクラスで取る場合、必要マイル数は25,000マイルです。

シンガポール → 東京」をビジネスクラスで取る場合も、必要マイル数は25,000マイルです。

では、「シンガポール →  京 → バンコク」をビジネスクラスで取る場合。

実はこれも必要マイル数は25,000マイルです。

東京でストップオーバー(途中降機)が可能ですので、シンガポール → 東京の行程は9月東京 → バンコクの行程は11月でも大丈夫です。

POINT

  • 出発国 → 経由国 → 目的国はすべて異なる国である必要がある
  • 「出発国 → 経由国」と「経由国 → 目的国」の日程はしばらく空いても問題ない

「A国 → 日本 → B国」、「B国 → 日本 → C国」…のように海外発券を連続させてやることで、実質の往復が25,000マイル≒約5万円となります。

一番最初の目的地へのフライトだけ別で用意してやれば、あとは優雅なビジネスクラス旅行ループの完成です。

アラスカ航空の登録

まず、公式ページを開き、上部の「SIGN UP」へ進みます。

架空の人物・住所・電話番号での登録をシミュレーションしてみましょう。

氏名:山田 太郎

生年月日:1990年1月1日

住所:東京都港区台場1-2-3 メゾン都民101

電話番号:090-1234-5678

住所と電話番号を英語にすると、こんな感じになります。

登録画面と併せて確認してみて下さい。(部屋番号の#は抜いても大丈夫です。)

Exanple#101 Maison Tomin 1-2-3 Daiba Minato-ku Tokyo

81-90-1234-5678

「Primary departure city」はよく使う空港のことですが、どこでも大丈夫です。

パスワードは大文字と小文字と数字を最低1つずつ含むよう、8文字以上で設定しましょう。

フライトの検索・予約方法

フライトの検索はログインしてなくても可能です。

上部メニュー「Book」より、「Reservation」→「Flight」へ進みます。

「Multi-city」と「Use miles」にチェックを入れます。

人数出発地と経由地と目的地日付を設定したら「FIND FLIGHTS」へ進みます。

ここでは10/14にシンガポール → 東京、10/20に東京 → バンコクへ行くと仮定します。

POINT・地名は英語もしくは空港レター(3文字アルファベット)で記入する

・片道扱いにするため、どちらの行程も「Departing flight」で設定する

行程の候補が表示されます。いずれもビジネスクラスで25k(25,000マイル)+72~73ドルで発券可能です。

注意点は上から3番目の、イスのマークが付いているような場合です。これはどちらかのフライトが片方、エコノミークラスの可能性があります。

今回はどちらもビジネスクラスの一番上のプランを選択し、「ADD TO CART」へ進めます。

行程が表示されるので確認し、問題なければ「NEXT」へ進むと支払い手続きへ移ります。

支払いが完了すると、こんな感じの予約完了書が送られてきます。(イメージ)

赤枠で囲っている6桁のConfirmation Codeが予約番号です。

JALのサイトもしくはアプリでご自身のマイレージ番号と紐づけてやれば、JAL側で予約の確認や座席設定などを行うことができます。

アラスカ航空のマイルの貯め方

アラスカ航空のマイルは、提携航空会社に乗った際にマイルをアラスカ航空側で貯めたり、SPGアメックスカードのポイントを変換することで貯めることができます。ただ、マイルを直接購入することもでき、一番レートの良いときには1マイル≒2円ほどで購入することができます。

マイルの購入については、下記記事にて紹介しています。

注意点

アラスカ航空のマイレージは非常にお得です。単に必要マイル数が少ないだけでなく、燃油サーチャージも非常に安い、または全くないのも魅力の一つです。

しかし、予告なしに大改悪を行う可能性があるので要注意です。

過去にはエミレーツ航空のビジネスクラス・ファーストクラスが少ないマイルで発券できていた時期がありましたが、何の予告もなく、ある日突然必要マイル数が2倍になるといった改悪が行われました。

デルタ航空などもそうですが、海外の航空会社では時々、予告なしの改悪が起こります。

そのためセールが行われているからと言って、大量のマイルを長期間、保有するのはおすすめしません

直近で旅行の予定を考えている方、ある程度先でも複数回、旅行の予定が立てられる方は活用してみてはいかがでしょうか。