宿泊実績ゼロでステータスマッチ成功!ヒルトンダイヤモンドに

宿泊実績ゼロでステータスマッチ成功!ヒルトンダイヤモンドに

嬉しいお知らせが届きました。

ヒルトンホテル最上級のダイヤモンド会員ステータスマッチ成功です。

しかもヒルトンはもちろん、マッチ元のホテルにも宿泊実績ゼロの状態で。

マッチ元のホテルの宿泊予定だけでステータスマッチが成功しましたので、一連の流れについてご紹介します。

ステータスマッチとは

ステータスマッチとは、航空会社やホテルで行われている上級会員資格のリンク制度です。

no-img2″> <figcaption class=
mizo

私はA社の上級会員です。今後はB社もよく使うので、同様の待遇を用意してもらえませんか?

no-img2″> <figcaption class=
B社

かしこまりました。それではまず3ヶ月お試しで。その間にたくさん利用して頂ければ更に1年間延長させて頂きます。

という感じで、自分から売り込みに行くわけです。航空会社もホテルも一般的に「上級会員頻繁に利用してくれるお金をたくさん使ってくれる人」なので、積極的に囲うためにお試しで同等のステータスを付与するんですね。

航空会社ではデルタ航空ユナイテッド航空等が実施しています。

ヒルトンホテルのステータスマッチについて

現在、以下のホテルからのステータスマッチを受け付けています。

チョイスホテルズ(コンフォートホテル)、ハイアット、IHG(インターコンチネンタル)、マリオット(SPG)

これらのホテルで、ゴールド以上のステータスがあれば申請できます。

無事に申請が通ると、ヒルトンのゴールドまたはダイヤモンドの資格が90日間付与され、条件をクリアすると1年以上、期間を伸ばすことができます。

POINT

  • ゴールド会員90日以内4滞在すれば、2020年3月末までゴールド会員資格が継続
  • ダイヤモンド会員90日以内8滞在すれば、2020年3月末までダイヤモンド会員資格が継続。4滞在すれば2020年3月末までゴールド会員資格が継続。

ここでポイントとなるのは「滞在数」です。「宿泊数」とは異なります。

  • Aホテルに3泊 → 1滞在、合計3泊
  • Aホテルに2泊し、Bホテルに2泊 → 2滞在、合計4泊
  • Aホテル、Bホテル、Cホテルにそれぞれ1泊 → 3滞在、合計3泊
  • Aホテル、Bホテル、Aホテルの順にそれぞれ1泊 → 3滞在、合計3泊

いろんなホテルに1泊ずつ泊まるのが一番効率は良いですね。

ステータスマッチで受けられる恩恵

見事ステータスマッチが成功すると、ゴールドまたはダイヤモンドのステータスが90日間付与されます。

特典の一覧はこんな感じです。


ヒルトン・オナーズ公式HPより引用

ゴールド部屋のアップグレード朝食無料が嬉しいですね。

ダイヤモンドはこれに加え、ラウンジの利用が含まれます。また、アップグレードはスイートまで対象です。

早速年末に予約を入れましたので、利用するのが楽しみです。

今回実施した方法

昨年、私はSFC修行を行ったため、現在ANAプラチナ会員です。

そして今年は運良く、ANAプラチナIHGプラチナステータスマッチキャンペーンが行われていました。


ANA公式HPより引用

残念ながらこちらのキャンペーンは既に終了していますが、結果として2019年の12月末まで、IHGのプラチナエリート会員になることができました。

こうして入手したIHGのプラチナエリートを元にヒルトンにステータスマッチを行いました。公式ページから申請します。

最後の方にステータスを証明できるものと、過去12ヶ月の宿泊証明を添付する欄があります。

が、実はこれまでIHG系列のホテルには全く宿泊していません

ただ今後宿泊予定が2軒ほどありましたので、宿泊予定が書かれているページをキャプチャーして添付してみました。尚、添付できるのはjpgファイルのみです。

そして申請から2日後。無事にステータスマッチ成功のメールが届きました。

ステータス反映までの流れ

一般的には申請から5営業日ほどかかると言われてますが、今回は申請した2日後ステータスマッチ完了のメールが届きました。

この後すぐにアプリを確認してみたのですが、こちらにはまだ反映されていませんでした。

翌朝になって改めて開いてみると、アプリにも無事に反映されていました。

POINT

  • 土曜日の夜にステータスマッチ申請
  • 月曜日の夜に成功メール受信(2日後)
  • 火曜日の朝にアカウントに反映(2.5日後)

まとめるとこんな感じの流れでした。アカウントに反映されないまま予約をすると、ステータスに準じたサービスが受けられない可能性もあるそうなので、 確実に反映されたことを確認後に予約したほうが良いみたいです。

最後に

通常、ホテルの上級会員を目指すのはハードルが高く、割と大変です。

POINT

  • ヒルトンゴールドは「1年間に20回の滞在または40泊、または75,000ポイント獲得」
  • ヒルトンダイヤモンドは「1年間に30回の滞在または60泊、または120,000ポイント獲得」

かなりの出費を伴いますので、ステータスマッチが成功することで得られる恩恵は非常に大きなものがあります。

ヒルトンのステータスマッチは比較的寛容で、宿泊実績がなくとも今後宿泊予定があればステータスマッチを受け付けてくれているようです。

最上級のヒルトンダイヤモンドを目指すためには他ホテルのプラチナ会員以上である必要があります。

ただ、ヒルトンは朝食無料の特典など、ゴールド会員でもかなり大きな恩恵があります。

旅行好きに人気のSPGアメックスカードは作成するだけでマリオット・SPG系列のゴールド会員になることのできる人気のクレジットカードです。

 みぞとりっぷ
みぞとりっぷ
https://mizotrip.com/2018/08/04/spgamex/
– マイルと修行と海外旅行 –

こちらを元に、ヒルトンゴールド会員ステータスマッチをするのもアリかも知れません。

統合後、マリオットのプラチナ会員への「ステータスチャレンジ」も復活したようですので、ヒルトンダイヤモンドを目指す方はまずこちらを試すのが近道かも知れませんね。