ドイツではプリペイドsimが買えない?インターネット環境の準備について

ドイツではプリペイドsimが買えない?インターネット環境の準備について

海外旅行の際にあると便利なのがインターネット環境。以前、現地のプリペイドsimを購入してインターネットに接続する方法をご紹介しました。

 みぞとりっぷ
みぞとりっぷ
https://mizotrip.com/2018/07/14/sim/
– マイルと修行と海外旅行 –

おすすめの理由は価格が安い割に、比較的大容量のデータが使えるからなのですが、ドイツへ行く場合には要注意です。というのも、昨年あたりから旅行者がドイツでプリペイドsimカードを購入するのが非常に困難になってしまいました。

(参考記事:ドイツはプリペイドSIMの販売規制が開始 SIMフリースマホユーザーは注意

どうやらテロ対策の一環のようですが、一般旅行者にとっては困ったことになります。運が良ければ大手キャリアでは購入できることもあるようですが、割高な上にIDや住所登録が必要だったりと、手続きが非常に面倒。何より現地空港に着いてすぐに使うことが出来ません。

私も今年、友人とドイツを訪れた際には別の手段を取らざるを得ませんでした。今後、ドイツに訪れる予定のある方はご参考にしていただければと思います。

方法1:周遊simを使う

私が実践したのは「周遊sim」を使う方法。安くて大容量という選択肢に一番近いと思います。ドイツはもちろん、対応している複数の国を訪れる場合にも非常に便利です。

事前に国内で購入して現地へ持参する形になります。安くてバランスのとれたものだと3GBで2,000円くらいで購入できます。有名どころなので安心して使えるかと思います。

メリット

  • 比較的大容量のデータを安く使うことができる
  • 到着してすぐに使うことができる

デメリット

  • 端末との相性が悪かったり、設定が正しく行えてないとうまく繋がらない事がある

実際、念には念を入れて2種類の周遊simを持っていったのですが、片方は友人の端末でうまく繋がらないことがありました。少し古めの端末だったことと、キャリアの端末をsimフリー化していたことが影響していたのかも知れません。

ヨーロッパ周遊simのほかにアジア周遊simなどもありますので、対応国の確認は必須です。テザリングの可否や訪問国での繋がりやすさのレビューも確認しておいた方が良いでしょう。

複数人で旅行する方は、私のように別々のsimを用意しておくと万が一の際にリスク分散になるかも知れません。他に割と有名なものでは、こんなのがあります。

もっと大容量が必要な方は、9GBのsimなどもあります。

調べてみると色んなのが出てきます。品揃えはAmazonが充実しているようです。目的国や容量など、自分に合ったものを見つけましょう。

方法2:wi-fiルーターをレンタルする

多少高くても手軽さと安心感を求める方はこちらがおすすめです。



こんな感じのやつです。CMとかでも見たことありますね。(笑)

メリット

  • 携帯キャリアの海外プランに比べると安い
  • 難しい設定などは基本的に必要ない

デメリット

  • 大容量のデータを使う場合には料金が高くなる
  • ルーターのバッテリー切れに注意する必要がある

滞在期間が短めの方やデータをそんなに使わない方、あまりリスクを冒したくない方はこちらを検討するのが良いでしょう。

最後に

今年の年末には再びドイツへの旅行を計画しています。本場なだけあってビールやソーセージの種類が多く、飲んべえにはたまりません。(笑)

観光地へのアクセスや美味しいお店を検索するのにインターネットは不可欠です。

皆さんもドイツ旅行に行かれる際には、下調べと早めの準備を行うと良いかも知れません。