2018年JGC修行中間報告②~JMBサファイアカードが届きました

2018年JGC修行中間報告②~JMBサファイアカードが届きました

妻のJGC修行最終フライトからちょうど2週間。無事にサファイアカードが届きました。

ご存知の方も多いかとは思いますが、JGCを入手するためにはJMBサファイア会員を目指す必要があるため、下記いずれかの条件を満たす必要があります。

POINT

  • 年間で累積50,000FOPを達成(JALグループ便25,000FOP以上)
  • 年間搭乗実績50(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FOPを達成

長かったようであっという間だったJGC修行。最終フライトからカード到着まで、諸々振り返りながらまとめてみました。修行の行程などは下記記事で紹介しています。

マイル・FOP反映(2日後)

最終フライトを終え、マイルやFOPが反映されるまでにはある程度時間がかかります。フライト当日、および翌日にはまだ反映されておらず、アプリ画面はこんな感じでした。

 

まだか~まだか~と首を長くしながら待ち続け、最終フライトの2日後になるとマイルとFOPが反映され、こんな感じの画面になりました。

ようやく50,000FOP達成が反映されました。ただし、ステータスはまだクリスタルのままです。こちらの画面は1日だけしか表示されませんので、ある意味レアな瞬間です。

サファイアステータスの反映(3日後)

上記の画面が表示された翌日、ようやくステータスもサファイアに切り替わりました。最終フライトから3日後のことです。

妻が見事JALの上級会員になった瞬間です。ぱちぱちぱち(拍手)。…と、大事なのはこの後のJGC申し込みです。オンラインでも申し込みができるようになるのですが、この日はまだ反映されていませんでした。

オンラインでJGCへの切り替えが可能に(4日後)

サファイア反映の翌日、JALカードのHPの「カードの切替・追加」にJGCへの切り替えボタンが出現しました。

急ぎの場合はこちらから申し込むことも出来るのですが、その場合は通常のサファイアカード(JMBサファイアカード)ではなく、「JAL GLOBAL CLUB」マークの入ったサファイアカード(JGCサファイアカード)が届くことがあるようです。

左がJMBサファイアカード右がJGCサファイアカードです。

ステータスを表すカードとしての機能は全く変わらないのですが、JMBサファイアカードはJGCに申し込む前しか手に入れることができません。恐らく今後は手にすることがないので一応記念として取っておきたい気持ちから、JGCの申込みは郵送で行うことにしました。

サファイアカード到着(13日後)

JALから妻宛にこんな感じの封筒が届きました。封筒に「SAPPHIRE」と書かれてますので、中身はもちろん想像通りです(笑)。

 

サファイアカードと一緒に、JGC申込用紙も同封されていました。

JGCは妻が本会員、私が家族会員として入会します。妻は20代なので「CLUB-Aカード+CLUB EST」会員でしたが、JGCに申し込むとCLUB ESTは自動的に退会になるようです。CLUB EST会員が受けられる国内線サクララウンジの利用や国際線利用時の専用カウンター利用はJGCにも含まれているので、当然といえば当然かも知れませんね。

ブランド変更やゴールドカードへの変更などがなければ、新たなカード審査なしに現在のCLUB-Aカードから切り替えだけで済みます。必要事項を記入し、ポストに投函しましたので、後はJGCの到着を待つのみです。

最後に

JALはマイル・FOP反映がフライトの2日後ステータス反映は3日後でした。ANAはマイル・PP反映がフライト翌日、ステータス反映が2日後でしたので、それと比べるともう1日かかることになります。

ステータス反映後、電話ですぐにJGC申込書を送ってもらうことも出来ますが、往復の郵送のタイムラグを考えるとオンラインで申し込むのが一番早いようです。我が家は直近で必要がなかったこともあり、のんびり郵送することにしました。

私はまだJGC家族会員になるまでのしばらくの間、JALの平会員が続きますので、到着を楽しみに待ちたいと思います。