ビジネスクラスでハノイ旅②JALビジネスクラスの機内食

ビジネスクラスでハノイ旅②JALビジネスクラスの機内食

前回、サクララウンジの様子を紹介した下記記事の続きです。

ラウンジでカレーをたらふく食べてしまった後ですが、JALビジネスクラスは搭乗後の機内食もすばらしかったです。お腹いっぱいでも食べれちゃう。そんな機内食でした。

メニューは洋食と和食の2つ

今回の便は「JAL Sky Suite」というタイプ。2人で並んで座ると少し前後にズレが生じますが、個室感のあるフルフラットシートです。JALのビジネスクラスは他に「Sky Suite Ⅱ」「Sky Suite Ⅲ」などがあります。


JAL公式HPより

実際に座ってみるとこんな感じ。足元や座席が非常に広くとても快適です。

機内食のメニューを見てみると和食と洋食があったので、私と妻でそれぞれ別のものをオーダーしてみました。

洋食の機内食

まず最初にドリンクを聞かれましたので、スパークリングワインをお願いしました。余談ですが、JALはテーブルクロスの柄がかっこ良いですね~。

洋食の前菜はキノコのマリネと豚のリエット。見た目もおしゃれな感じです。

メインは「国産牛サーロインステーキと青森カシスのソース」か「十三湖しじみ、鱈、ホタテとシャモロックのパエリア」から選択できましたので、前者を頼んでみました。

驚いたのが肉の厚さ。2cmくらいはあったんじゃないでしょうか。それでいて柔らかくてジューシー。レストランで食べるのと変わらないクオリティです。これが機内食で食べられるなんて…JALビジネスクラス恐るべし、です。

デザートはりんごのプリン。割とあっさりした後味でした。

和食の機内食

妻は和食をオーダーしました。酒飲みなので、いきなり日本酒をオーダーしています(笑)。

和食の方はまずこんな感じのお重がやってきます。「花れんこん、秋刀魚山椒煮、出汁巻玉子、小芋」、「カリフラワーピューレ、鰹出汁の煮こごりキャビア載せ」、「豚すき煮、人参、温度玉子、椎茸、長葱、白滝」、「柿なます(胡麻クリーム)、いちょう紅葉」、「本鮪のお造り、おろしポン酢」です。

メインは豚ロースのカツ玉〆と太刀魚の竜田揚げ。ひと口もらいましたがこちらもとても美味しい!

ご飯も機内で炊きたてとのことで、非常に満足していました。

甘味は最中。抹茶の餡を挟んで食べていました。

最後に

お金を出して乗るのはなかなか難しいビジネスクラスですが、マイルをうまく活用すればかなり手が届きやすくなります。

今回利用したのは夕方発深夜着の便だったこともあり、非常に満足度の高い食事でした。同じJAL便でも以前利用した深夜発早朝便はここまでの内容ではなかったので、機内食は夕食の時間帯のフライトが一番おすすめではないかと思います。

ラウンジ・機内食ともに非常にレベルの高い食事が提供されますので、是非一度体験してみてはいかがでしょうか。私もマイルを駆使してまたJALビジネスクラスに搭乗したいと思います。