【BA特典航空券】必要Aviosが2019年5月30日より増加

【BA特典航空券】必要Aviosが2019年5月30日より増加

先日、ちょっと気になるメールを受信しました。ブリティッシュエアウェイズBA)の提携航空会社に関する必要Avios数が変更になるというものです。

現在は東京を起点にすると片道4,500Aviosというかなり少ないマイル数で沖縄を除くほとんどの場所に行けてしまう大変お得なマイレージプログラムですが、大幅な改悪がやってくるのではと懸念していました。

しかし結果としては、4%の増加という軽微な改悪に留まる可能性があります。そのあたりについての考察と共に、まとめてみました。

※2019/6/8追記

残念ながら悪い方の予想が当たってしまい、最もお得な4,500Avios区間は6,000Aviosへ改悪となりました。また、これまで7,500Avios必要だった区間は現在、9,000Avios必要になっています。今回の改定に伴い、記事の内容を一部修正しています。

Avios数の改定は2019年5月30日から

BAの特典航空券については以前、下記の記事でまとめています。

また、今回の必要Avios数の変更については、公式HPでプレスリリースが出ています。

https://www.britishairways.com/ja-jp/executive-club/news/air-partner-changes

2019年5月30日より、以下の提携航空会社の特典フライトにかかるAvios料金が4%だけ上がります:アラスカ航空(Alaska Airlines)、エア・イタリー(Air Italy)、アメリカン航空(American Airlines)、キャセイ・パシフィック航空(Cathay Pacific)、フィンランド航空(Finnair)、日本航空(Japan Airlines)、LATAM、マレーシア航空(Malaysia Airlines)、カンタス航空(Qantas)、カタール航空(Qatar Airways)、S7航空、スリランカ航空(Sri Lankan)、ロイヤル・ヨルダン航空(Royal Jordanian Airlines)。

念のため、英語原文のプレスリリースへのリンクも併せて貼っておきます。

https://www.britishairways.com/en-gb/executive-club/news/air-partner-changes

この4%の増加というのが本当だとすると、現状で最もお得な区間では4,500Avios→4,680Aviosとわずか160Aviosの増加にとどまるはずでした。が、実際には6,000Aviosと大幅な増加となってしまいました。

必要Avios数のチャートと考察

これまでの必要Avios数と、新しい必要Avios数がこちらです。

 2019年5月29日まで2019年5月30日から
650マイル以下4,5006,000
651~1150マイル区間7,5009,000
1,151~2,000マイル区間10,00011,000
2,001~3,000マイル区間12,50013,000
3,001~4,000マイル区間20,00020,750

これを見ると、近距離路線での必要Avios数は大幅に増え、遠距離路線では比較的小さな増加となっています。2,001~3,000マイル区間では12,500Avios→13,000Aviosと4%の増加ですが、650マイル以下では4,500Avios→6,000Aviosと33%の増加となっています。

うーむ。公式HPには「わずか4%だけ増加します」なんて書かれていたのに、何か納得しきれない感じがあります。

ただ、海外では元々4,500Avios→6,000Aviosへの予想は事前に流れていました。何でも、海外のBAのオペレーターに電話で確認して全部の路線の必要Avios数について確認したんだとか。私も日本のBAには確認してみたのですが、5月30日になるまでは本国から知らせてもらえないとのことでした。

なので、できれば6,000Aviosにはなってほしくないな~なんて思っていたのですが、結果的には悪い方の予想に転がっちゃいました。自由競争の下で競争原理が働くのであれば、必要マイル数を上げるのではなく下げる方向に働いてくれると嬉しいんですけど…悲しいことにマイルの世界は大抵、改悪ばかりが付きものです。

最後に

本当に4%程度の改悪で済むのであれば、BAに感謝するばかりでしたが、これまでの4,500Avios区間は6,000Aviosへ7,500Avios区間は9,000Aviosへと大幅な改悪となってしまいました。正直、今回の改悪はちょっと痛手ですが、BAのAviosはまだまだ有用なマイレージプログラムだと思います。

最近ではJALの「どこかにマイル」、ANAの「トクたびマイル」などは片道3,000マイル(往復6,000マイル)で国内線が利用できて非常にお得感があるのですが、必ずしも行きたい場所に行けるわけではないのがデメリットですね。

空きがあれば確実にその便を予約できるのがBAのAviosの強みだと思います。シーズンによる変動を受けない点でもANAやJALに比べ、国内線ではアドバンテージがあります。最近はスペイン版GrouponでのAviosセールをあまり見かけませんが、今後も発売されたときにはちょこちょこ買い足すのが良いかも知れませんね。(将来的な大改悪の可能性もあるので、不必要に持ちすぎるのも危険かもしれませんが…)

マイルは常に改悪の可能性が付きまとうものですが、マイルを貯めておくことで旅行は非常に身近なものになります。一つのマイレージプログラムに集中させすぎず、分散してリスク管理するのも今後重要になってくるかも知れませんね。