国内線に乗ったらマイルがもらえる?デルタ航空ニッポン500キャンペーン

国内線に乗ったらマイルがもらえる?デルタ航空ニッポン500キャンペーン

国内線を一区間乗るごとに、何とデルタ航空から500マイルをもらえる。そんなお得なキャンペーンが現在も継続中です。

しかも航空会社は問わずLCCや特典航空券で乗った場合も対象。かなり前から1年間の期間限定で実施されてましたが、嬉しいことに毎年キャンペーンが延長されています。

デルタ航空のスカイマイルは有効期限が無期限なので、貯めていて損はありません。今まで登録していなかった方はこの機会にぜひ登録してみましょう。

デルタ航空ニッポン500とは

POINT

  • 旅行期間:2019年4月01日~2020年3月31日
  • 対象となるフライト:日本国内定期路線(すべての航空会社・運賃・クラス)
  • ボーナスマイル:国内線の利用1回につき500マイル
  • 一般会員は1人最大10フライト分(合計5,000マイル)まで
  • メダリオン会員は1人最大40フライト分(合計20,000マイル)まで
  • 搭乗後、2ヶ月以内にメールで申請する必要あり

従来はFAXで申請する必要がありましたが、現在はメールでの申請に変更となっています。

近距離・遠距離も関係なく、日本国内線であればLCCも特典航空券も対象です。そこに全然関係ないデルタ航空が500マイルくれるというのです。…嬉しいですけど「何じゃそりゃ?」って感じですよね。(笑)

現在スカイチームに加盟している日本の航空会社がないので、デルタ航空としては日本人ユーザーを呼び込み、シェアの拡大につなげる狙いがあるのでしょう。非常にありがたいキャンペーンなので、利用しない手はありません。

デルタ航空の登録はweb上からすぐできますし、スマートフォン向けのアプリもあります。未登録の方は、以下を参考に登録しましょう。

デルタ航空の登録

公式ページ右上の「ご入会はこちら」より、登録を進めていきます。

ちなみに入力はアルファベットのみです。ご注意下さい。架空の人物・住所・電話番号での登録をシミュレーションしてみましょう。

氏名:山田 太郎

生年月日:1990年1月1日

住所:東京都港区台場1-2-3 メゾン都民101

電話番号:090-1234-5678

住所と電話番号を英語にすると、こんな感じになります。登録画面と併せて確認してみて下さい。

Exanple#101 Maison Tomin 1-2-3 Daiba Minato-ku Tokyo

81-90-1234-5678

POINT

  • 住所は日本語で書く時と逆の順番になる
  • 電話番号は「81(日本の国番号)」+「頭の0を抜いた番号」になる

住所や電話番号の英語表記は海外の入国審査カードなどに記入する機会もありますので、要領を覚えておきましょう。

マイル登録申請のやり方

やることは実はたったこれだけです。念のため、キャンペーン公式ページへのリンクも貼っておきます。

POINT

  1. 申請フォームに必要事項を記載する
  2. 搭乗の証明となる航空券の半券と併せて、デルタ航空にメールする

まず申請フォームをダウンロードし、必要事項を記入します。(全てアルファベットです)

会員番号や氏名、電話番号やメールアドレスなど、毎回変わらない部分はPDFに直接書き込んでしまったほうが、次回から楽です。赤字の部分を参考に記入してみて下さい。

次に、利用した航空会社の搭乗券(半券)のコピーを用意します。搭乗者名や搭乗便名、搭乗日、座席番号、区間が書かれていれば、搭乗口で渡される「ご搭乗案内(ANAの場合はピンクの紙)」でも大丈夫です。

スキャナーがあればベストですが、スマホのカメラで撮影した写真データでも大丈夫です。JPGかPNG、またはPDF形式で2MB以内に収めてJapan500@delta.comへメールしましょう。

貯めたスカイマイルの使い道

国内線の特典航空券に交換

POINT

  • 15,000~20,000マイルスカイマーク国内線特典航空券に交換できる
  • 搭乗者は誰でもOK
  • ブラックアウト(特典を利用できない日)あり
  • 往復も片道も必要マイル数は同じ
  • デルタ航空の上級会員であるか、スカイマイルの提携クレジットカードを所持している必要がある

必要マイル数はこんな感じです。

区間必要マイル数
福岡 - 那覇15,000
羽田 - 神戸15,000
神戸 - 茨城15,000
神戸 - 鹿児島15,000
神戸 - 長崎15,000
神戸 - 那覇15,000
名古屋 - 那覇20,000
名古屋 - 新千歳20,000
羽田 - 福岡20,000
羽田 - 鹿児島20,000
羽田 - 長崎20,000
羽田 - 那覇20,000
羽田 - 新千歳20,000
茨城 - 新千歳20,000
神戸 - 新千歳20,000

デルタ航空の上級会員に関しては、ANAやJALのステータスがある方はステータスマッチを狙ってみるという方法もあります。一番手っ取り早いのは「デルタスカイマイルアメックスゴールドカード」を作成すれば、1年間は無条件で上級会員になることができます。

ただ、こちらのカードは年会費が26,000円(税抜)とやや高額です。

スカイマイルの提携クレジットカードで最も年会費が安いのは「デルタスカイマイル JCBテイクオフカード」です。年会費は1,500円(税抜)、しかも初年度無料です。

特典を利用する少し前に発行するのはアリかも知れませんね。

国際線の特典航空券に交換

POINT

  • デルタ航空便、スカイチーム便の特典航空券に交換できる
  • 片道発券が可能
  • 搭乗者は誰でもOK
  • ブラックアウト(特典を利用できない日)なし
  • デルタ航空便の必要マイル数は時期と便により6段階で変動。スカイチーム便は一定

こちらは国内線特典航空券と異なり、上級会員であったり、提携クレジットカードを持つ必要はありません。ただ全体的に必要マイル数がANAやJAL等と比べると多めなので、近場のアジアで取るのがおすすめです。

特にデルタ航空便は時期と便により必要マイル数が6段階に変化します。最悪、必要マイル数が倍以上になるケースもあるので、あまりおすすめしません。これに対して提携スカイチーム便の必要マイル数は一定なので、取るなら提携スカイチーム便のほうが良いかも知れません。

最低必要マイル数はこんな感じです。

目的地エコノミー(片道)ビジネス(片道)
韓国7,50015,000
北アジア17,50030,000
東南アジア22,50040,000

北アジア」はデルタ航空が定めたエリアで、以下の国々が対象です。

台湾、中国、香港、フィリピン、グアム、サイパン、パラオ等

東南アジア」も同様にデルタ航空が定めたエリアで、以下の国々が対象です。

タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア、マカオ、ミャンマー、ラオス、ブルネイ等

ハワイやアメリカ、ヨーロッパ行きの便も取ることはできますが、必要マイル数がとんでもなく多いです。ANAやJALなど、他のマイルを貯めて発券したほうが良いでしょう。

JTBクーポンに交換

スカイマイルはJTB国内旅行券に交換することができます。ただ、制約がちょっと多いので注意が必要です。

POINT

  • デルタ航空の上級会員であるか、スカイマイルの提携クレジットカードを所持している必要がある
  • 10,000マイルを10,000円分の国内旅行券に交換できる(1万マイル単位)
  • 交換上限は1年間で30,000マイル分まで
  • 旅行券の利用は本人または配偶者二親等以内の親族に限る
  • 旅行券の「申し込み受付日」から6ヵ月以内に旅行へ出発しなければならない

特典航空券で行きたい先がない方や両親に旅行をプレゼントしたい方、比較的直近で旅行をしたい方などは検討してみると良いかと思います。

ペイwithマイル

海外の航空会社では、マイルとキャッシュを混ぜて航空券を購入できることがあります。

日本の航空会社の場合、マイルを別のポイントに変換する必要がありますが、その手間がありません。(ANAの場合はスカイコイン、JALの場合はeJALポイント)

時期と便によっては、特典航空券よりお得に発券できることもあります。ログインして普通にフライトを検索した後、表示する価格で「マイル+キャッシュ」を選択すると確認することができます。

上記のフライトではあまりお得感のある条件にはなりませんでしたが、過去には成田-台北線で20,000マイル+数千円程度で発行できた例もあるようです。(残念ながら現在、台北線は撤退してしまいました)

最後に

デルタ航空のスカイマイルは必ずしも使い勝手が良いものではないので、メインのマイルとして積極的に貯めるのはあまりおすすめはしません

ただマイルの期限が無期限で、ニッポン500のキャンペーンは毎年延長されているので、そこそこ飛行機に乗る機会のある方であればタダで毎年5,000マイルは貯めることができます。

デルタ航空のマイルはスカイチーム便に乗る機会がある場合にも貯められますし、ある程度まとまったマイル数になれば色んな使い道がありますので、とりあえず貯めていて損はありません。

マイルの世界は常に改悪のリスクを抱えています。このキャンペーンもいつ終わってしまうかわかりません。「あの時やっておけばよかった…」なんて後悔しないよう、早めに始めておきましょう。